医療事務の仕事と研修の重要性

医療事務の資格は、専門学校だけではなく通信講座などでも非常に人気のあるものです。医療事務というのは一つの資格ではなく、「医療報酬請求事務能力認定試験」「医療事務技能審査試験」「医療事務管理し技能認定試験」など80種類以上の資格があり、それらを総合的に医療事務と呼んでいるのです。
実際、医療事務の資格は数カ月で取れるものなので、資格さえあればすぐに就職できるわけではありません。実際は資格なしでも実務経験がある方がよほど有利です。医療事務は専任職ですから、実務経験が重視される仕事なのです。
そんな中、最近は医療事務の研修が重視されつつあります。上記のように実務経験重視の専門職である以上、ただ単に「資格があります」ではなかなか就職できません。そこで、医療機関ならではのコンピュータ操作やレセプトチェックのスキル、現場ですぐに戦力となれるような知識や患者さんに対応するノウハウを獲得するための研修などが受けられるのです。
マナーや医療事務の知識を再確認するだけでも現場では大きな違いを発揮します。就職したばかりの新人であっても、患者さんからしてみたらプロの医療事務のスタッフなので、間違いのないように仕事をし、その仕事に責任を持つために、研修が重視されているのです。

最新情報

精神科を主とする病院の医療事務の研修

少し前まで精神科のある病院に医療事務員として務めていました。こちらのちょっとした言動で患者様が傷ついたり、不安になったりする事がないよう、研修にもとても力を入れていました。接遇マナーの研修では、…

もっと詳しく

医療事務員の上司の研修が大事

医療事務員として、多くの人が病院で働いています。そのため、私たちは安心して病院を受診することができます。それは、患者として受診するときに、外来でまず対応をしてくれるのは医療事務員だからです。その…

もっと詳しく

医療事務の仕事と研修の重要性

医療事務の資格は、専門学校だけではなく通信講座などでも非常に人気のあるものです。医療事務というのは一つの資格ではなく、「医療報酬請求事務能力認定試験」「医療事務技能審査試験」「医療事務管理し技能…

もっと詳しく

イチオシ記事

  • 精神科を主とする病院の医療事務の研修

    少し前まで精神科のある病院に医療事務員として務めていました。こちらのちょっとした言動で患者様が傷ついたり、不安になったりする事がないよう、研修にもとても力を入れていました。接遇マナーの研修では、…

    もっと詳しく