医療事務員の上司の研修が大事

医療事務員として、多くの人が病院で働いています。そのため、私たちは安心して病院を受診することができます。それは、患者として受診するときに、外来でまず対応をしてくれるのは医療事務員だからです。そのことから、医療事務員はその病院の顔とも言えるのです。
そのため、多くの医療事務員が研修を受けるようになっています。その研修を受けた時、働く意欲を持つことができます。そのように、気持ちに働きかけることが出来る研修が多いのです。
しかし、いくら新人の医療事務員が研修を受けたとしても、その上司の態度が違っていたらその上司の言うこと、していることを真似るようになります。それは、その職場で仕事をしていくためにはそのことが必要と思ってしまうのです。そのようにすることで、働きやすいです。
そのことを思うと、上司が最も研修を受ける立場であると感じます。上司は、いろいろなことを指示、指導する立場です。その人が、違うことをしていたらたちまち、研修を受けてきたことが無駄になってしまうからです。研修を受けるのは、新人の医療事務員が多いです。しかし、上司こそその研修を受けて、自分を見つめ直すことも必要ですね。するとその病院が変わってきます。

最新情報

精神科を主とする病院の医療事務の研修

少し前まで精神科のある病院に医療事務員として務めていました。こちらのちょっとした言動で患者様が傷ついたり、不安になったりする事がないよう、研修にもとても力を入れていました。接遇マナーの研修では、…

もっと詳しく

医療事務員の上司の研修が大事

医療事務員として、多くの人が病院で働いています。そのため、私たちは安心して病院を受診することができます。それは、患者として受診するときに、外来でまず対応をしてくれるのは医療事務員だからです。その…

もっと詳しく

医療事務の仕事と研修の重要性

医療事務の資格は、専門学校だけではなく通信講座などでも非常に人気のあるものです。医療事務というのは一つの資格ではなく、「医療報酬請求事務能力認定試験」「医療事務技能審査試験」「医療事務管理し技能…

もっと詳しく

イチオシ記事

  • 精神科を主とする病院の医療事務の研修

    少し前まで精神科のある病院に医療事務員として務めていました。こちらのちょっとした言動で患者様が傷ついたり、不安になったりする事がないよう、研修にもとても力を入れていました。接遇マナーの研修では、…

    もっと詳しく