研修のある医療事務の求人を探すこと

事務仕事の中でも人気があるのが医療事務です。これは病院などでやる事務であり、患者対応なども含めてマルチな対応力が求められる事務であり、どちらかといえば受付に加えて事務処理をするという側面が強く、やることが一杯あり、その場その場に応じて対応するので大変なのです。しかし、病院で働くことができるというメリットもありますし、十分に人気があり、そして、意外と研修のある求人数も多いのです。
医療事務といいますと何かと医療系の資格が必要なのではないのか、と思うかもしれませんが実は不要です。ないわけではないのですが、あくまで重要になってくるのは事務処理の能力であり、医療系事務の資格ではないのです。民間資格ですからこれがないとできない、というわけではないのです。では、ないほうがよいのか、といえばそんなことはないです。あくまであったほうがよいとはいえるのです。
つまりは、資格があればそれは少なからずどんなタイプの医療事務関係の資格であろうとも知識としてはゼロではない、と思ってくれるわけです。未経験者でやろうとする場合は研修があるとしても、さすがに資格があったほうが何かとアピールできるようになるでしょう。研修のある求人は多いのですが人気もあるので他の人との差をつける必要があるのです。

医療事務の研修で大切なこと

医療事務のお仕事を研修を経て経験してみたいという方が増えています。少子高齢化で病院関係の仕事求人は増える一方でそれに伴って看護婦だけではなく、医療事務の仕事も増えてきています。医療事務と一口に言っても病院によって求められることには差が存在します。また医療事務の求人を出している病院などは、医療事務検定試験を合格しているかどうかも重要視しています。医療事務に求められることは多岐にわたっています。そこで今回は医療事務の仕事をする際に本当に大切なことについて述べてみたいと思います。
医療事務で求められることの一つは注意深さです。なぜ注意深さが大切かというと医療事務の仕事には、診察料金の計算があります。医者が出す診断表を見ながら代金を計算していかなければならないため慎重さが求められるのです。また患者相手に出す薬の種類も多岐にわたっており万が一にも間違えることは許されないのです。このような注意深さを持っていることが医療事務には大切なのです。
また一般事務とは違い研修があるとしても、医療事務には専門的知識を有していることが大切です。医者の指示には医療用語と呼ばれる専門的な用語を使うのが普通です。ですから基本的な医療知識がなければ医療事務を行うことは難しいといえるでしょう。また患者さんに薬や診察内容を説明する時にも専門知識は欠かせません。医療事務の仕事にとって研修だけではない、注意深さと専門的知識の2つが大切なことと言えるのです。

私が体験した医療事務の研修

私が医療事務に勤務するまでに、職業訓練にて医療事務について勉強をしました。診療報酬などの学習はもちろん、同じく重要視されていたのが接遇マナーでした。言葉使いとして、正しい尊敬語・謙譲語を勉強し、接客時の立ち振舞いまで、事細かに指導を受けました。
その後、美容外科クリニックに就職し、入社前の面接にて、県外での外部委託による2日間の研修があると説明を受けました。実際の医療事務の研修とはどういったものか、2日間も掛けての研修とはどれほど難しいものなのか、興味が高まりました。そして当日、指定された場所には、他の病院から来られた事務の方はもちろん、医師や看護士の方々まで集まっていました。どうやらその研修とは、元CAが指導する医療専用の接遇マナーに対する研修会でした。
研修内容は言葉使いや立ち振舞いなど、職業訓練で学んだものを接遇のエキスパートである元客室乗務員の指導で詳しくされたものでした。指導されている方のお話が面白い事もあり、楽しく2日間過ごせましたが、医療現場にてここまで接遇マナーを勉強しなければいけないのか、と疑問にも思いました。しかし、実際に働いてみると、美容関係のクリニックであるが為か、なかなか特殊な患者様が多く、接客に関してはかなり大変な対応が多かったです。病院も患者様に選ばれるご時世…高度な接遇マナーが求められているようです。


医療事務の研修に関してはこちらにおまかせください!
現場第一の医療事務研修を実施しております。医療事務の研修のことなら専門知識を有したスタッフが働いていますので、気軽にご相談ください。

最新情報

精神科を主とする病院の医療事務の研修

少し前まで精神科のある病院に医療事務員として務めていました。こちらのちょっとした言動で患者様が傷ついたり、不安になったりする事がないよう、研修にもとても力を入れていました。接遇マナーの研修では、…

もっと詳しく

医療事務員の上司の研修が大事

医療事務員として、多くの人が病院で働いています。そのため、私たちは安心して病院を受診することができます。それは、患者として受診するときに、外来でまず対応をしてくれるのは医療事務員だからです。その…

もっと詳しく

医療事務の仕事と研修の重要性

医療事務の資格は、専門学校だけではなく通信講座などでも非常に人気のあるものです。医療事務というのは一つの資格ではなく、「医療報酬請求事務能力認定試験」「医療事務技能審査試験」「医療事務管理し技能…

もっと詳しく

イチオシ記事

  • 精神科を主とする病院の医療事務の研修

    少し前まで精神科のある病院に医療事務員として務めていました。こちらのちょっとした言動で患者様が傷ついたり、不安になったりする事がないよう、研修にもとても力を入れていました。接遇マナーの研修では、…

    もっと詳しく